2016年10月28日

来月の勤務表

 月末のこの時点で未だ来月の勤務表ができていません。

担当者には以前からもう少し早く作成するよう指示も行い、補佐役として二名のスタッフを配置していたにもかかわらずです。

私は「勤務表」を「指示書」と見なしています。つまり、来月は貴方(:スタッフ)はこのように働いて下さいという会社の指示或いは命令を「勤務表」という様式にまとめ上げたものだという解釈です。その中には作成する側の様々な思いが込められているはずです。

そんな大切な「勤務表」をこの時点で作成できていないというのは私の指導不足ですが。。。。。。

とても情けない状況と言えます。









posted by 介護 太郎 at 10:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 認知症グループホーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月20日

認知症グループホームの今日の退所者

 今月中に退所予定のお二人のうち一人の利用者様が本日退所されました。
この方は1年間という短い期間でしたが、やはりこちらとしても名残惜しいものです。
スタッフは、退所して入院される病院まで送ってさしあげていました。
posted by 介護 太郎 at 16:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 認知症グループホーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月18日

認知症グループホーム退所者続く

 4月の半ばになり突然にお二人続けて退所されることになりました。お一人は4月20日、もう一人は25日です。お一人は病気による長期入院、もうお一人は以前より申し込みをされていた介護付有料老人ホームが空いたので入所されることになりました。

 介護付有料老人ホームに入所される方は自宅からニ、三分くらいのところにできたその施設に今年の初めに申し込みをされていたとのこと。お世話されているご家族も車の免許を持っておられず且つ高齢です。今後の事を考えれば少しでも近いところをと判断されたようです。

 お二人の内の一人は、開所以来ずっとお世話させていただいた方ですので寂しさがこみ上げます。しかし、いったん退所が決まれば空室をうめる努力をしなければなりません。

 幸いなことに21日から入所できる方をご紹介いただきました。しかし、残りの一室に関しては見学者及び問い合わせはあるものの今日現在ではまだ決まっていません。
posted by 介護 太郎 at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 認知症グループホーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月04日

認知症グループホーム〜花見@

 本日はグループホームのお花見です。それに先立って下見に行ってきました。よければご覧ください。

DSC05995.JPG

DSC05995.JPG

DSC05998.JPG
posted by 介護 太郎 at 09:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 認知症グループホーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月01日

認知症グループホームと原発事故の影響

 東日本大震災の影響で、県内の特別養護老人ホームなど高齢者福祉施設が厳しい運営を迫られている。一部施設では建物が損壊し、入所者が一時避難するケースもあるほか、福島第1原発1 件事故で避難してきた福島県の特養ホーム入所者は、定員を超えても受け入れを進めている。いずれも長期化すれば入所者の生活の質や健康への影響が懸念されるため、県老人福祉施設協議会(大山知子会長)は30日、県に早急な支援策を求めた。

 震災や原発1 件事故を受け、同協議会は県と連携して福島県の特養ホーム入所者の受け入れ策を協議。緊急特例措置として、116ある県内の特養ホームでほぼ定員を満たしているのに加え1割程度、計245人の受け入れを決めた。

 30日までに特養ホーム39施設で174人、養護老人ホーム1施設で3人、ほかに介護老人保健施設5施設で19人、認知症高齢者グループホーム6施設が19人を受け入れているという。(3月31日 下野新聞より引用)

 今日のニュースでも放送していましたが、アメリカから原発事故支援のためにきている専門家メンバーが燃料棒の回収から管理までには年単位の期間が必要になるだろうとコメントしていました。大変、深刻な問題です。

posted by 介護 太郎 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 認知症グループホーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月31日

認知症グループホームの花見

 今日、グループホームの管理者から連絡があり、4月4日に利用者様を連れて花見にでかけたいとのこと。こちらの地域も日中少し汗ばむほどの気温になってきました。来週あたりはこのブログで桜の様子がお伝えできるるかもしれません。ご期待ください。
 
 震災にあわれた地域の方たちにもこちらの桜の様子を見ていただいて『春の訪れ』を感じていただき少しでも元気になっていただければ本当にありがたいです。
posted by 介護 太郎 at 16:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 認知症グループホーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月30日

認知症対応型共同生活介護における事故〜その後

 事故はいかなる理由で発生したとしても、施設内であればその施設側の責任は免れないことだと思います。もちろん契約書等に免責として表記してある利用者様同士の事故であったとしても、道義的な責任はつきまとうと考えます。
 又、再発防止という意味合いからも、相手方を突き飛ばしてしまった方に対しては施設として介護のあり方は再度見直しをしないといけません。 
posted by 介護 太郎 at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 認知症グループホーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月29日

認知症対応型共同生活介護における事故〜圧迫骨折

 先日、利用者様に転倒させられた方からの痛みの訴えが続きます。早速、整形外科受診をしてもらいました。

『圧迫骨折』でした。コルセットが必要になります。利用者様同士の事故とはいえやはり施設側の管理責任はあります。御家族への説明及び認知症専門医への受診等々・・・事故に関する処理が続きます。
ラベル:認知症 事故
posted by 介護 太郎 at 16:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 認知症グループホーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月27日

認知症対応型共同生活介護における事故〜事故報告書

 私どもの地域では行政への『事故報告書』の提出基準は、

書類上は

 入院が伴うような事故以上のレベルに関してその提出義務を記載してありますが

実際は

 いかなる程度の事故であっても病院で受診(:入院は伴わない)をしたというレベルであっても提出を促されるているのが現実です。

 従いまして今回の事故に関しましても早急に『事故報告書』の作成を管理者に指示しました。

もちろんリスクマネジメントの観点からも事故発生後、直ちに当事者二人のご家族にも状況をお伝えしてあります。
posted by 介護 太郎 at 11:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 認知症グループホーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月25日

認知症対応型共同生活介護における事故

 本日、認知症対応型共同生活介護において転倒事故が発生しました。

 原因は、利用者さん同士の喧嘩でした。廊下で偶然出くわしたお二人が何かの原因であっというまに手を出す小競り合いになり、スタッフがすぐに気づき走りよったのですが、時既に遅しで・・・一人の利用者様が相手の方を突き飛ばしてしました。

 突き飛ばされた相手は手で体を支えるいとまもなくそのまま転倒、後頭部及び腰を打撲されました。もちろん直ぐに近くの脳神経外科にお連れして、MRI及び打撲されたであろう部位のレントゲン検査を行ってもらいました。

 結果は『異常なし』という事でほっと一安心でした。もちろん、しばらくは要注意です。
posted by 介護 太郎 at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 認知症グループホーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月22日

認知症対応型共同生活介護の運営推進会議

 今日は『運営推進会議』が行われました。二か月に一回開催される地域を代表される方たちとの意見交換会のようなものです。参加者は、私たちグループホームのスタッフとご家族代表、利用者代表、地域包括支援センターのスタッフ、行政の担当職員、地元の民生委員の方々です。

 そこでは、利用者様の状況を統計資料(平均介護度、介護度比率、平均年齢等々)を基に説明させていただきます。そして質疑があればお答えします。当初、開催を始めた頃は、『認知症』ってどんなもの? 的な質問が多かったように記憶しています。一般社会の中ではまだまだ『認知症』というものに対する認知度が低い時期でしたので。

 もちろん会の中では様々な行事への取り組み、地域との連携、畑に野菜の収穫にいかれた様子等を写真をお見せしながらも説明させていただきます。そんな写真の一コマに楽しそうに野菜を収穫される利用者さんの様子が映し出されていました。

 とてもイキイキとした明るい表情の利用者様でした。とても、ありがたい事です。
posted by 介護 太郎 at 12:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 認知症グループホーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月15日

認知症グループホームに関する地震情報A

 徳島県内でも大津波警報が発令された11日、沿岸部の住民らが津波を警戒して公共施設に避難した。徳島市立高校(徳島市北沖洲1)では、11日午後8時を回っても、家族連れらとグループホームの利用者や職員ら数十人が残り、テレビを見たりラジオを聞きながら、情報を少しでも把握しようとしていた。毎日jpより引用

 震源地からは離れた地域でも津波に対する警戒から上記のような影響が出てますね。海に近い様々な施設では今後、緊急時の対応に関して大きな見直しを迫られと思います。
posted by 介護 太郎 at 14:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 認知症グループホーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月14日

認知症グループホームに関する地震情報@

 すれ違った男性に「200人」の情報を尋ねたが、わからないという。佐々木正さん(63)。グループホームにいた母八重子さん(86)の行方を捜していた。 

地震の後、佐々木さんは小高い場所にある小学校に逃げ込んだ。ほっとする間もなく、津波が迫ってきた。

 避難者は2階への階段に殺到した。水にのまれた人たちを、佐々木さんは周囲の人と次々引き上げた。助けきれない人が大勢いた。

以上 asahi.com より引用

 今回の地震で被災された皆様に心からおくやみ申し上げます。私の地域で皆様のためにできることは施設単位と個人単位での節電です。今朝一番で弊社の社長も直接、介護現場に対して指示を行っております。日本全国の国民が応援していることをお知らせ致します。前述引用のようなグループホームに関する情報を少しでもお知らせできればと思います。
posted by 介護 太郎 at 15:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 認知症グループホーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月10日

今日の認知症グループホームの様子と事故

 今日の認知症グループホームは比較的穏やかな雰囲気です。すこしづつ暖かくなってきたせいか利用者様が、敷地内でスタッフに見守られながら散歩を楽しむ回数も増えてきました。

 しかし、別な見方をすると活動的な季節を迎えようとして『転倒』『エスケープ』等々のリスクも増大するということです。

ところで、施設内で事故が発生した場合は、行政に対して『事故報告書』を提出する義務が発生します。事故内容、事故発生場所の見取り図、事故後の家族との対応内容等々・・・書類での説明を求められます。

特に、『エスケープ』については、どのような対応を行ったのか、家族や警察にはすぐに連絡したのかを特にきかれます。内容に疑義があるとけっこう細かく確認されます。もちろん今後の予防策に関して具体的に改善策の提示を求められます。

posted by 介護 太郎 at 14:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 認知症グループホーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月09日

認知症グループホームにおける監視カメラの設置について

 『認知症高齢者が暮らすグループホーム(GH)に設置したビデオカメラを巡り、石川県内の技術者と社会福祉系の研究者が昨年、介護職員の負担軽減と入居者のプライバシーについて考える共同研究会を立ち上げた。』

 というニュースがありました。実は私どものグループホームにおいては開所当初から共同スペースにカメラを設置していました。

その目的は

@夜間緊急時、管理者が自宅にいながらにして施設の状況が見ることができる。

A施設内事務所からも施設内の様子が見れ、事務員レベルでも現場のフォローができる。

BAと関連しますが、転倒を複数の目で見て、予防することができる。

C介護スタッフの動きを客観的に見ることにより以後の介護に役立てられる。

というものです。


 



posted by 介護 太郎 at 16:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 認知症グループホーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月08日

認知症グループホームが新しく開所します!

 
 栃木県芳賀郡市貝町で初めての認知症高齢者を対象としたグループホームが来春、市塙に開所するそうです。 建設、運営は、多田羅で既にデイサービス施設「アットホームたたら」を手掛けるオガワ(小川寿夫代表取締役)。

 新しい認知症高齢者の施設が増えました。
posted by 介護 太郎 at 12:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 認知症グループホーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月07日

認知症グループホームへの来客

 認知症グループホームにはいろんな方がやって来ます。家族の方たちは当たり前のことですが・・・
様々な営業の方達もそのうちの一つです。

今日やってきた営業は、私の知り合いでした。

以前よく遊びにいっていた居宅支援事業所のケママネさんが、資格取得のための研修等を行う会社に最近、勤め始めて挨拶にきてくれたのです。

お会いするのが4、5年ぶりだったので結構話が盛り上がりました。

営業の方よりもおしゃべりしてしまった私でした。
posted by 介護 太郎 at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 認知症グループホーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月06日

認知症グループホームの日曜日

 認知症グループホームは24時間365日稼働しています。もちろんゴールデンウイーク、お盆休み、お正月休み一切ありません。スタッフが交替で連携をとりながらサービス提供をさせていただきます。

 今日は日曜日。Sさんの娘さんが来られ、昼食の介助を手伝いされたり、他の入居社様との会話を楽しまれた後に笑顔で帰っていかれました。

 平和な認知症グループホームです。早く暖かくなってくれればと思います。そろそろ花見の話もでてきました。
posted by 介護 太郎 at 14:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 認知症グループホーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月04日

認知症グループホームにおける帰宅欲求B

 今日も介護スタッフとMさんの帰宅欲求について話をしました。入居されてちょうど二週間になります。
随分と帰宅欲求も落ち着いてこられたとのこと。

時間の経過でしか解決できない問題ってありますよね。認知症の方の帰宅欲求もその方なりのペースで時間をかけて認知症グループホームという環境に慣れていただくしか解決する方法はないのだと思います。

私達は介護スタッフとしてその方に寄り添い、同調し、そして信頼していただくことがとても大切な事なのだと思います。
posted by 介護 太郎 at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 認知症グループホーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月01日

認知症グループホームにおける帰宅欲求A

 わたしたちは問われれば繰り返し、その問いに答え・・・
寄り添うしかない時があります。帰宅欲求のピークは時間帯
的には日暮時が最も多いようです。やはり周囲が暗くなり始
めると人間の心理として家に帰りたくなるのだと思います。

しかし、このMさんのパターンは終日、帰宅欲求が続きます。


家族に迎えに来るように電話をかけてください。

バス停はどこですか?

歩いて帰るので玄関の鍵を開けてください。

私に帰れない様に皆がいじわるをする。

・・・・・等々です。
posted by 介護 太郎 at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 認知症グループホーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。