2011年04月08日

認知症対応型共同生活介護グループホームの今日

 今日のこちらの地域の天気は小雨です。桜が咲くくらいの陽気なので寒い雨ではありません。利用者様は穏やかに過ごされています。はたから見ていると本当にこの人たち「認知症」なの?と思われるかもしれないくらい一見すると落ちついていらっしゃいます。

 しかし、それはこの認知症対応型共同生活介護グループホームという環境がなせる技なのだと思います。スタッフができるだけ、お一人お一人に寄り添い、傾聴するからこそ穏やかな気持ちになっていらっしゃるのだと思います。

 震災にあわれた地域で介護に携わっていらっしゃる方たちは、このような環境には今はないと思います。しかし、必ず本当の意味での春が来ますので、私たちが皆さんと共にあることを感じていただければ幸いです。


posted by 介護 太郎 at 15:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 震災 認知症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。